グラナダ在住日本人による観光案内所(アルハンブラ宮殿・白い村・洞窟フラメンコ)

スペイン グラナダ 日本語情報センター

グラナダ×日本

洞窟&老舗フラメンコチケット予約

flamenco_1
midashi-lフラメンコの魅力midashi-r

南スペイン独自の風土から生まれた至高の芸術、フラメンコ…そこには受け継がれる魂の叫びがあり、ギターが鳴き、手足を打ちならし力強く追随する踊りが、絶妙の調和を織り成しています。フラメンコが一体となった時、想像を超えたエネルギーを感じるでしょう。
折角の機会にこのフラメンコ本場の一つであるグラナダで直に触れてみませんか?

日本語情報センターで予約すると…
1.手数料なし !
直接フラメンコ会場店頭、公式HPで予約しても、日本語情報センターで予約しても同料金で大変経済的です。
2.1部の早いショーに予約手配可能
代理店、グラナダ市内でも予約は出来ますが、個人の場合、遅い2部のショーになるケースが殆どです。
※ハイシーズン時は1部が完売の場合もあります。
3.私館長自ら、人数、ピックアップを把握して係員と連絡を取り合っていますので、送迎バスが勝手に行ってしまう等の事態が起こりません。
4.私自身洞窟フラメンコでも働いている経験から、内容は十分に把握しています。何かあればその場で迅速に対応いたします。
フラメンコ行程&料金

・フラメンコショー
・1ドリンク
・アルバイシンの丘夜景ツアー
(グラナダで一番のサンニコラス展望台にてアルハンブラ宮殿ライトアップ鑑賞ツアー)
・ホテルまでの往復送迎
上記全て含んでお一人様30ユーロです。(予約手数料不要)
上記の行程+お食事付きはお一人様65ユーロです。
※お食事付きは洞窟フラメンコVenta el Galloを紹介しております。

団体ツアーのお客様

団体のオプショナルツアーはフラメンコに限らずかなり高めです。
自分で申し込めば安く済みますが、英語&スペイン語で直接やり取りしても予約が出来たのか不安になるのも仕方ありません。
遅くとも当日20時過ぎまでに日本語情報センターまでご連絡下さい。(前もってメールでの申し込みも可能。)
ホテルでのピックアップ時間等詳細をご案内いたします。
ホテルの立地にもよりますが、基本的に上記ご案内した行程と同様です。

タブラオ(会場)
■洞窟フラメンコLos Tarantos(ロス・タラントス)
グラナダと言えばZAMBRA(サンブラ:ジプシー特有の宴)。洞窟で見るフラメンコは世界でもグラナダのみとなります。ジプシーの放つ本場の迫力に圧倒されずにはいられません。
1972年からの歴史がありグラナダジプシーフラメンコ最古のタブラオであるロス・タラントス。市内随一の実力を持つバイラオーレスと正に正真正銘の熱いジプシーフラメンコを体験できます。
【行 程】
<1部>日本語情報センター近くのイサベル・カトリカ広場20:30集合
(ホテルによっては直接ピックアップも可)

フラメンコショー+1ドリンク

アルバイシンの丘夜景ツアー

23:00頃宿泊先ホテル(または近くまで送迎)
<2部>日本語情報センター近くのイサベル・カトリカ広場21:30集合
(ホテルによっては直接ピックアップも可)

アルバイシンの丘夜景ツアー

フラメンコショー+1ドリンク

24:00頃宿泊先ホテル(または近くまで送迎)
f_Los Tarantos1
f_Los Tarantos2
f_Los Tarantos3
※お申込み時点では特に2部へのご希望等ない限り、1部で予約手配いたします。到着時間が遅い等の事情がある場合はご相談ください。
※1部、2部でアーティスト、サービス等違いはありません。
■ジプシーの老舗フラメンコSara Albayzin(サラ・アルバイシン)
※洞窟ではありません
アルバイシンの丘入口にあるグラナダ全域が見渡せるサン・クリストバル展望台隣で、ジプシーフラメンコの歴史を作り上げてきた老舗のタブラオ。
南スペインがフラメンコ発祥と言われる所以の家族単位で織り成される特有の本場フラメンコ。
数々のフラメンコ名手と関わり続けている老舗サラ・アルバイシン。
会場は高台にあるステージ目の前で3方向から囲み鑑賞する為、余す事なくフラメンコを堪能する事が出来ます。
血筋は脈々と受け継がれ、その実力は目を見張るものがあります。
サン・ニコラス展望台と双極をなすサン・クリストバル展望台の直ぐ隣りに位置する為、夜景もバッチリ堪能できます。
【行 程】
(1ステージのみ。ハイシーズン中は日によっては2ステージあり。)
ホテルピックアップ(または近く)20:45集合

フラメンコショー+1ドリンク

アルバイシンの丘夜景ツアー※

23:00頃宿泊先ホテル(または近くまで送迎)
f_Sara Albayzin1
f_Sara Albayzin2
f_Sara Albayzin3
サラ・アルバイシンではアルバイシンの丘夜景ツアーが催行されない日もあります。確認する事は出来ますが、当日まで確証はできませんのでご理解の程よろしくお願いいたします。
※1曲フラメンコをアレンジしたベリーダンスが入ります。
■お食事付き洞窟フラメンコVenta el Gallo(ヴェンタ・エル・ガジョ) 
※お食事付きお一人様65ユーロ
プロのフラメンコダンサーとして活躍する若手も多く、フラメンコ界隈でよく知られる実力派も多数在籍。他2会場に引けをとらないクオリティーです。
洞窟フラメンコLos Tarantosと兄弟分タブラオ。
洞窟の中ではゆったりとしたスペースで本場地元のこだわり郷土料理コースを堪能した後でのフラメンコショー鑑賞となります。
【行 程】
ホテルピックアップ(または近く)19:00集合

20:00頃お食事

21:00頃フラメンコショー

アルバイシンの丘夜景ツアー

23:00頃宿泊先ホテル(または近くまで送迎)
f_Venta el Gallo1
f_Venta el Gallo2
f_Venta el Gallo3
※お食事は(前菜+メイン+デザート+飲物)で各5種から各自お好みでその場でお選びいただきます。(英語メニューあり。日本語情報センターへおいでの際ご案内します。)
※お食事後、フラメンコのショーが開始となります。
グラナダの他会場のフラメンコ

下記バナーからも直接予約可能です。また日本語情報センターでも手配可能です。

※グラナダ以外の地域のフラメンコご予約も可能ですが、手数料お一人様5ユーロとなります。
お申し込み方法

ご注文フォームからご注文ください。
ご注文フォームはこちら
件名は『フラメンコ予約申込み』
希望会場(会場を選択して下さい)
・洞窟フラメンコ『ロス・タラントス』
・老舗フラメンコ『サラ・アルバイシン』
・食事付き洞窟フラメンコ『ヴェンタ・エル・ガジョ』
①申込者氏名(要ふりがな/代表者一名のみ)
②申込者住所&郵便番号
③申込者自宅電話&携帯電話番号
④申込者のEメ-ル
⑤旅行形式(どちらか選択して下さい):団体ツアー(宿泊先ホテル要記入) or 個人旅行
⑥見学希望日&曜日[例:1月1日(月曜日)]
⑦見学者合計人数(4才以下のお子様は無料)

グラナダ到着からチケット入手まで

グラナダ到着

日本語情報センターへ来館(詳細を御案内、チケットお渡し)

お支払い

時間になったらピックアップ場所へ

日本語情報センターへのアクセスはこちら

a_photo01

日本語情報センター:カテドラルから徒歩3分、市役所から30秒
写真中央赤枠ドアより3階へお上がりください。

a_photo02

入口看板

a_photo03

館内

キャンセル規定

当日キャンセル不可(全額負担)。
送迎バス、フラメンコ会場に迷惑がかかりますのでキャンセルはご遠慮下さい。

midashi-l一言フラメンコmidashi-r
flamenco_2全く何も知らずに一つの芸術を鑑賞するのもまた新鮮な出会いですが、以下サラッと目を通して身近に感じていただけましたら幸いです。
1.フラメンコは音楽ではなくリズム楽である
世界各地の原始音楽にはメロディ-は単調でリズム主体と言う共通点があります。約600年前インド北部からスペイン・アンダルシア地方にやって来たジプシ-によって創られたフラメンコも例外ではありません。手拍子足拍子のリズムに始終します。白鳥の湖は調べに乗って、そしてフラメンコはリズムに乗って踊るのです。もちろん一定の基本リズムに則っているのですが、これが外人には全く難解なのです。手拍子&足拍子&ギタ-が裏打ちでリズムのパズルを織り成して行きます。フラメンコは即興などと言われますが、いずれにせよ、それらはあくまで基本リズムの範囲内での裏打ちであり即興なのです。もっと平たく言えばフラメンコはリズム遊びの一面もあります。やる方も観る側もリズムで遊べる人がフラメンコを楽しめるのです。
リズムを支配したその土台の上に、魂を揺さぶる叫びとの共鳴があるのです。手拍子&足拍子&ギター&歌が調和し織り成すフラメンコに触れ、また違った発見ができるかもしれません。
2.フラメンコは演歌である
ジプシ-民族の迫害の歴史、人生の悲哀、生活苦などを歌ったのがフラメンコ。日本人的には演歌と言えばピッタリきます。演歌では日本人独特の情念をのせ、コブシ(小節)をまわすように、カンテ(歌)と伴奏のギタ-を背にしてフラメンコダンサ-は踊ります。
そして、踊り手が演歌の感情になればなるほど、その感情がリズム感で身体から、特に足から激しく、そして全く自然に出て行きます。無意識の内に一体となり創造されるのです。こう言う時ほど本人はどう踊ったか覚えていないのです。これがフラメンコは即興といわれる本当の意味なのです。
演歌の感情がリズム感で発散される。これがフラメンコの要約とも言えるでしょう。
他合わせて予約したいお勧めグラナダツアー

グラナダの顔!アルハンブラ宮殿
白い村周遊、自分だけのオリジナルタクシーツアー
絶景!忘れられない想い出に、気球ツアー
今話題の、オリーブオイル博士ツアー
手数料なしでグラナダ留学お手伝い

bana_orderform

このページのトップへ