グラナダ在住日本人による観光案内所(アルハンブラ宮殿・白い村・洞窟フラメンコ)

スペイン グラナダ 日本語情報センター

グラナダ×日本

在スペイン日本国大使館領事部より 1月の邦人被害について

在スペイン日本国大使館領事警備班

当館及び在ラスパルマス領事事務所管轄内で確認された1月の邦人被害は次のとおりです。
類似の被害に遭わないよう、引き続き十分な注意をお願いいたします。

(マドリード)
1月1日(月):置き引き
午後7時頃、夫婦で観光に訪れていた旅行者がメトロの券売機でチケットを購入する際、案内係と話をしていると、スーツケースにかけていた鞄がなくなっていた。

1月11日(木):置き引き
午前7時30分頃、女性旅行者がホテル内朝食会場にて食事を取りに席をたった際に、貴重品類の入った鞄を置き引きされた。

1月14日(日):置き引き
午後8時頃、男性旅行者がホテルロビーいすにて休憩を取っていたところ、鞄から目を離した隙に、貴重品類の入った鞄を置き引きされた。

1月24日(水):置き引き
午後7時頃、男性旅行者がバラハス空港内のバス停留所でスーツケースの上に貴重品類を入れた鞄を置いていたところ、目を離した隙に鞄ごと盗まれていた。

1月28日(日):スリ
午後5時頃、女性旅行者が百貨店で買い物精算時に旅券等貴重品類が入ったポーチが抜き取られていることに気がついた。

(アンダルシア)
1月3日(水):スリ
午後5時頃、女性旅行者がアルハンブラ宮殿を観光中に旅券等貴重品類を抜き取られた。

1月4日(木):スリ
午前11時頃、女性旅行者がホテルから徒歩で移動中に背負っていた鞄から旅券等貴重品類を抜き取られた。

1月24日(水):スリ
女性旅行者がバスに乗車する際、財布を取り出した。そのとき、鞄の中に入れていた旅券を抜き取られた。

(カスティリーヤ・ラ・マンチャ)
1月8日(月):スリ
午後4時頃、女性旅行者がトレドを観光中、貴重品袋が外に出ていた。そのときは気がつかなかったが、その後貴重品袋を確認したところ、旅券が抜き取られていた。

在スペイン日本国大使館領事部より 12月の邦人被害について

在スペイン日本国大使館領事警備班

当館及び在ラスパルマス領事事務所管轄内で確認された12月の邦人被害は次のとおりです。
類似の被害に遭わないよう、引き続き十分な注意をお願いいたします。

(マドリード)
12月23日(土):スリ
午後1時頃、女性旅行者がマヨール広場近くを徒歩で移動中に、鞄の中から旅券等貴重品類を抜き取られていることに気がついた。

12月28日(木):スリ
男性旅行者がマドリード市内を観光中に現金等貴重品類の盗難にあった。

(アンダルシア)
12月4日(月):置き引き
午後4時頃、男性旅行者がセビリア市スペイン広場にてベンチに座り電話をしていた際、鞄から目を離した隙に置き引きされていた。

(グラナダ)
12月29日(金):スリ
午前11時頃、女性旅行者がバス停でバスを待っていたところ、女性に鞄が開いていることを指摘され、確認すると、旅券等貴重品類が入ったポーチ等が抜き取られていた。

(ラスパルマス)
12月17日:車上荒らし
サンタクルスデテネリフェ島のサンアンドレス海岸にて車上荒らしに遭い,旅券等を盗難された。

(バルセロナ)
12月28日(木):スリ
午後8時頃、女性旅行者がバルセロナ国際空港内のエスカレータにて移動中に、後方から旅行者を装った女性2人組が無理矢理割り込んできた。その後、鞄を確認すると、旅券等貴重品類が抜き取られていた。

新年あけましておめでとうございます

2018年あけましておめでとうございます。

一度きりの人生で何回来れるかわからない、日本より遥か離れた国スペインです。

限られた時間だからこそ、その一瞬を忘れられないものにするべく日本語情報センターとともに

全力で御手伝いいたします。

皆様一人一人とのご縁に感謝し、受け止め、私自身成長してまいりたいと存じます。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

日本語情報センター 館長 石谷博史

 

Albayzin_in_granada

アルハンブラ宮殿よりアルバイシンの丘を眺める

在スペイン日本国大使館領事部より 11月の邦人被害について

在スペイン日本国大使館領事警備班

当館及び在ラスパルマス領事事務所管轄内で確認された11月の邦人被害は次のとおりです。
類似の被害に遭わないよう、引き続き十分な注意をお願いいたします。

(マドリード)
11月4日(土):スリ
午前8時頃、家族でアトーチャ駅付近のホテルに宿泊していた旅行者が、ホテル付近のカフェテリアに入ったところ、鞄の口が開いており、中身を確認すると貴重品等の入ったポーチが抜き取られていることに気がついた。

11月17日(金):置き引き
午後3時頃、男性旅行者がカステジャーナ通りのお店で買い物中、休憩を取っていたところ、横に置いてあった鞄が置き引きされていた。

11月18日(土):置き引き
午後11時頃、男性旅行者がバラハス空港でシャトルバスを待っている際、貴重品等を入れた鞄から目を離した隙に置き引きされていた。

11月20日(月):置き引き
午前1時頃、男性旅行者がバラハス空港内で仮眠をとっていたところ、貴重品等を入れていたバックパックごと置き引きされていた。

11月23日(木):置き引き
午後3時頃、女性旅行者がバラハス空港到着後の荷物引き取りカウンターにて横に置いていたショルダーバッグから目を離した隙に、置き引きされていた。

11月24日(金):置き引き
午後7時頃、男性旅行者がチャマルティン駅構内のレストランにて夕食をとっていた際、貴重品等を入れた鞄を横に置いていたところ、目を離した隙に置き引きされていた。

11月30日(木):スリ
午後6時頃、男性旅行者がアントンマルティン市場から友人宅へ徒歩で移動している際に、肩にかけていた鞄からパスポートを入れていた小さな鞄を抜き取られていた。

(アンダルシア)
11月13日(月):首絞め強盗
午後8時頃、男性旅行者がカディス県アルヘシラス市のフェリーターミナルからホテルへ徒歩で移動中、突然後方から首を絞められ、地面に倒された。その際、無理矢理財布を奪われた。

11月27日(月):強盗
女性旅行者がカディス県ヘレス市を観光中に休憩を取っていたところ、背後より近づいてきた外国人に刃物で脅されて、鞄を落とし、同人が鞄を持って走り去っていった。

留学サポートに留学体験記をアップしました

在スペイン日本国大使館領事部より 10月の邦人被害について

在スペイン日本国大使館領事部

当館及び在ラスパルマス領事事務所管轄内で確認された10月の邦人被害は次のとおりです。
類似の被害に遭わないよう、引き続き十分な注意をお願いいたします。

(マドリード)
10月4日(水):スリ
午後9時頃、女性旅行者がCañizares通りを徒歩で移動中、前方から歩いてきた男性にすれ違いざまに鞄から旅券等貴重品類を抜き取られた。

10月11日(水):置き引き
午後1時頃、サンタンデル市内のバスターミナルで女性旅行者が待機していたところ、目を離した隙に旅券等が入っていた鞄を置き引きされた。

10月17日(火):置き引き
午後8時頃、マドリード市内の日本食料理店で男性旅行者が食事中に貴重品等が入った鞄をテーブルの下に置いた状態で席を立った際に置き引きされた。

10月20日(金):置き引き
午前8時頃、マドリード市内ホテルの朝食会場で貴重品等を入れた鞄をいすに置いて、目を離した隙に置き引きされた。

10月21日(土):置き引き
午後9時頃、夫婦の旅行者がマドリード市内ホテルでチェックイン手続き中に、旅券等が入った鞄から目を離した隙に置き引きされた。

(バルセロナ)
10月20日(金):置き引き
午後8時頃、カタルーニャ広場前の飲食店にて女性旅行者が食事中、隣の席に貴重品等が入った荷物を置いていたところ、気がつくと無くなっていた。

(アンダルシア)
10月29日(日):置き引き
午前7時頃、男性旅行者がグラナダ市ホテルの朝食会場で、旅券等が入った鞄をいすに置き、食事をとりに席を離れた際に、置き引きされた。

(バスク)
10月19日(木):ひったくり
午後4時頃、女性旅行者がEl parque de Dona Casilda de Bilbaoで観光中に写真を撮っていた際、後方から男性に旅券等が入った鞄をひったくられた。

(バレンシア)
10月16日(月):置き引き
午前7時30分頃、女性旅行者がホテル内朝食会場にて食事中に貴重品等が入った鞄をいすにかけており、目を離した隙に置き引きされた。

在スペイン日本国大使館領事部より 9月の邦人被害について

在スペイン日本国大使館領事部

当館及び在ラスパルマス領事事務所管轄内で確認された9月の邦人被害は次のとおりです。
類似の被害に遭わないよう、引き続き十分な注意をお願いいたします。

(マドリード)
9月1日(金):スリ
午後10時頃、女性旅行者が駅からホテルへ徒歩で移動中に、背後から鞄を引っ張られ、鞄の中から旅券等を抜き取られた。

9月8日(金):ひったくり
午後2時頃、男性旅行者が路上にて背後から鞄に入っていた旅券、財布等を抜き取られた。

9月9日(土):スリ
女性旅行者がホテルをチェックアウト後、ふと気づくと背負っていたリュックの口が開いており、旅券等を抜き取られていた。

9月9日(土):置き引き
午後1時頃、男性旅行者が食事中にショルダーバッグをいすの脚に通して、背もたれにかけていたが、食事を終え、気がつくと鞄ごと盗まれていた。

9月10日(日):スリ
午後10時頃、男性旅行者が銀行から地下鉄の駅に向かっている途中で、バッグが開いていることに気づいた。現金とクレジットカードを抜き取られていた。

9月10日(日):置き引き
午前2時頃、男性旅行者がバーのカウンターで飲んでいたところ、いすの背もたれに鞄をかけていたが、気がつくと鞄が盗まれていた。

9月11日(月):置き引き
午後11時頃、男性旅行者が食事中に、いすに置いてあった鞄を置き引きされた。

9月15日(金):スリ
午後11頃、女性旅行者が空港へ移動中の交通機関内で旅券等を引き抜かれていた。搭乗手続きで旅券を確認するまで気がつかなかった。

9月17日(日):ひったくり
午後4時頃、女性旅行者が王宮広場から徒歩で移動中、後方から男性にぶつかられ肩にかけていたバッグをひったくられた。

9月19日(火):スリ
午後11時頃、女性旅行者がエスカレータで移動中にバランスを崩し、エスカレータからスーツケースとともに転落、そのときに鞄の中身も落としてしまい、荷物を拾っている時には旅券等が抜き取られていた。

9月23日(土):窃盗
午後5時頃、男性旅行者がホテルから外出中に、部屋に侵入されセーフティボックスごと旅券等貴重品類を持ち去られた。

9月24日(日):スリ
午後1時頃、女性旅行者が地下鉄から徒歩で美術館へ移動中に気がつくと鞄が開いており、旅券等が抜き取られていることに気がついた。地下鉄内は特に混雑していたため、そこで抜き取られたものと思われる。

9月30日(土):スリ
午後1時頃、男性旅行者が地下鉄へ向かう途中で背負っていた鞄から旅券等貴重品類が入ったポーチを抜き取られていた。

(アンダルシア)
9月12日(火):置き引き
午後2時頃、セビリア市内の飲食店で男性旅行者が食事中に、足下に置いてあった旅券等が入ったブリーフケースを置き引きされた。

9月16日(土):スリ(集団)
正午頃、旅行者(夫婦)がセビリア市内の教会で並んでいた列に2,3人が割り込んできた。その後いつの間にか8組程度のアジア系女性に取り囲まれ、声をかけられた。その後、気づくとバッグの口が開いており、旅券等が抜き取られていることに気づいた。

9月21日(木):スリ
午前11時頃、女性旅行者がアンダルシア州マラガのビブラルファロ城観光中に、鞄から旅券等が抜き取られていた。

9月23日(土):スリ
午後1時頃、男性旅行者がグラナダ市内の飲食店で食事中に男性から靴をクリーニングすると言ってテーブル下に座り込まれ、断ったがその場を離れなかった。気づくと足下に置いてあった鞄から旅券等が抜き取られていた。

(バスク)
9月16日(土):スリ(話しかけ)
午後2時頃、男性旅行者が喫茶店で休憩中に外国人男性に地図で場所を訪ねられ、隣に置いていたバッグから目を離した隙に盗まれた。

(ラスパルマス)
9月4日(月):置き引き
正午頃,テネリフェ島のテイデ国立公園内で邦人観光客が景色の写真を撮っている間に,パスポート,携帯電話,財布等の入った鞄を置き引きされた。

在スペイン日本国大使館領事部より 8月の邦人被害について

在スペイン日本国大使館領事部

当館及び在ラスパルマス領事事務所管轄内で確認された8月の邦人被害は次のとおりです。
類似の被害に遭わないよう、引き続き十分な注意をお願いいたします。

(マドリード)
8月5日(土):スリ
午前10時頃、女性旅行者が、市内観光中、鞄から旅券等の入った小物入れを抜き取られた。

8月5日(土):置き引き
午後2時頃、女性旅行者が、グランビア通りのレストランで飲食中、外側から窓をたたく男に気を取られている間に、座席横に置いておいた旅券等の入った鞄を置き引きされた。

8月12日(土):置き引き
午前0時半頃、女性旅行者が、グランビア通り付近のレストランで飲食中、旅券等の入った鞄を置き引きされた。

8月26日(土):置き引き
午前7時半頃、男性旅行者2名がホテル内のレストランで飲食中、旅券等の入った鞄を置き引きされた。

8月27日(日):スリ
正午頃、男性旅行者がバルセロナ~マドリード行きのチケットをバスターミナルで購入後、停留所に向かう際に、背負っていたバッグのポケットから財布等を抜き取られた。

7月19日(水):スリ
午後1時半頃、男性旅行者が、プラド美術館前で、鞄から財布を抜き取られた。

バルセロナのテロ後 8/18現状況

・事故現場付近の様子
カタルーニャ広場周辺の交通規制は解除。
事故が起きました、ランブラス通りも歩行可能。(本日14:30時点のランブラス通り写真)
車両の通行は不可。道沿いの多くのお店が営業再開。
image001

※カタルーニャ広場にございます、大型デパート、エルコルテイングレスも営業再開。

・公共交通機関
地下鉄:通常運行中。
バス:全線運行中。
エアポートバス:通常運行。カタルーニャ広場にも駅がございます。
タクシー:通常運行

・観光スポット
サグラダファミリア(8/20日 午前中ミサ開催)
グエル公園など、すべての観光スポットは通常通り営業します。

バルセロナのテロについて状況

在バルセロナ総領事館

1 17日午後5時過ぎ、バルセロナ市内ランブラス通り及びボケリア市場付近において銃撃及び車両突入テロ事件が発生し、複数の死者及び負傷者が発生しています。州警察の情報及び報道によれば1名の被疑者を逮捕したものの、依然として逃走している被疑者もいる模様です。危険な状況が続いていますので、不必要な外出は避けるようにして下さい。また、絶対に現場付近へは近寄らないようにして下さい。

2 現時点、地下鉄、公共バス及び付近道路が封鎖されており、各所で交通渋滞が発生しています。封鎖されている地下鉄の駅はパラレル駅(L2,L3)、ドラサネス駅、リセウ駅、カタルーニャ広場駅(いずれもL1、L3)、パセオ・デ・グラシア駅(L2,L3,L4)です。公共バスもテロ現場付近に中心に走行を停止しています。

このページのトップへ