グラナダ在住日本人による観光案内所(アルハンブラ宮殿・白い村・洞窟フラメンコ)

スペイン グラナダ 日本語情報センター

グラナダ×日本

館長プロフィール&一言

ishigai

初めまして。日本語情報センター館長の石谷博史(イシガイヒロシ)です。岡山県出身。1982年3月30日生まれ。

皆さんはスペインには何が目的で来られますか?
ガウディ、闘牛、タパス巡り、聖地巡礼。。。いろいろあると思います。私はフラメンコでした。フラメンコと出会い、3ヶ月後にはチケット片手にスペインに飛んでいました。スペインの事は人生で一度も調べた事がないくらいの不思議な出会いですが、不安と一緒にこれも人生かと変に納得した覚えがあります。

一歩足を踏み入れれば、文化、人、気候、食事、建物目に映るモノ、感じる事全てが新鮮そのものでした。とはいえ最初はスペイン語も、フラメンコも、0からのスタートですから目の前にある事をこなしながら必死に突っ走っていくしかなく、今となってはその頃の記憶がありません、笑
唯一はっきりと覚えているのは様々な出会いに助けられた事でしょうか。当り前の様に慣れ切った生活では感じることが難しかった、さりげない、何気ない一言、行動、一瞬に重みを感じました。
生まれて初めて『人と私』が繋がった瞬間を感じ、どこか懐かしい安心感とエネルギーが溢れました。
段々とスペインの青い空を見る余裕が生まれ、少しのトラブルでも楽しむ落ち着きが備わって、私の中にある必要のないものがパラパラと剥がれていくんですね。

皆様にも様々な出会いがあり、経験があり、誰一人同じものはないオリジナルの道を進まれているでしょう。
私の道にもスペインが加わり、私に様々な事を気付かせてくれています。

日本語情報センターは大道正樹氏(現セファルディオーナー)によって1998年に設立された個人事務所です。
ご縁があり引き継いだこの日本語情報センターで、日本とスペインを繋ぎ、皆様のスペインでの思い出をかけがえのないものにしていただけるよう、これからも精進してまいります。

皆様との出会いを通じて、私、日本語情報センター共に成長させていただきます事感謝しております。
そして、日本語情報センターというこのスペースを通じて、皆様に関わる機会をいただけた事を幸運に思います。

フラメンコを踊るスペイン人の妻を持ち、グラナダという街に愛着を持ち、フラメンコを愛して止まない私、石谷博史の自己紹介に最後までお付き合いいただきまして誠にありがとうございます。

今後ともどうぞ宜しく御願い申し上げます。

日本語情報センター 館長  石谷 博史

このページのトップへ